GOGOカフェ vol.5 7/9  楽しく演奏するために♪ その1~脱力~ 報告

参加は、8名。
演奏されているのは、ギター、ピアノ、オカリナ、
尺八、草笛、打楽器、トランペット・・・と様々。

「脱力」という今回の話題に、
皆さん、真剣に向き合われていて、なかなか濃い時間でした。

まずは、皆さんの問題点をお話しいただきました。


身体の使い方がわからない、
緊張して固くなる、
練習ではできるのに、どうしても人前でできないetc…

次に克服するためにどんなことをされてきましたか?という問いに対し、
アロマセラピーで心を落ちつかせる、
腹筋を意識する、
寝て演奏する(!)など、皆さん、いろいろと実践されていました。

身体における問題と、精神における問題について、
北村講師は、自身の体験談を交えながら、実践しつつ説明。

音を響かすということは、音を遠くに飛ばすこと。
これは、ボールを遠くに飛ばすのも同じ。

では、ボールを遠くに飛ばそうとしたらどんなフォームになるのか・・・
当然、下半身に重心を落とし、しっかり支えて、上半身はらく~にして、
腕も力は抜きますね。 などなど・・・

また、精神面における問題は、
けっこう、「私は人前に出ると緊張する」と、
思い込んでる場合が多いので、
潜在意識を利用する方法を紹介。

また、1分から1分半くらいのゆっくりの息を
5回ほど繰り返すことで落ち着くことを、
息の仕組みを説明してから実践。

その後、コンガやクラベス、シェーカーなどの打楽器や、
ピアノを使って、脱力できたら、どう違うのかを参加者全員に体験してもらいました。

皆さんのその熱心さに、心打たれました!

次回のGOGOカフェは、

楽しく演奏するために♪ その2~脱力して実践~
ご自分の楽器を持参で、お集まりください。
日程は、10月頃、
おとの泉・秋の号でお知らせいたしますね。

今回も新しい出会いに感謝でした!  mk

おんがくのもり 第4弾 楽しい音楽教室「ジャズってなあに?」 7/8 報告

講師の西岡良治さんは、
甲陽音楽院コンテンポラリーミュージック科卒業、
2007年にアメリカBerklee College of Music(Jazz Composition科)に入学。
よさこい祭りの楽曲製作は100曲以上にのぼり、
2014年には武政栄策賞を受賞。

おとの泉・夏の号でもインタヴュー記事にてご紹介していますが、
音楽勉強会「あらまし」や「写バッハ会」を主催。

演奏者、作編曲家、そして音楽教育者としても大活躍中!

ほとばしる言葉と、演奏とで、
90分があっというまでした~!

20170708おんがくのもり西岡良治さん


少しだけ内容をご紹介しますね。

リズム感をよくする方法なんて、世間ではあんまり教えていない。
メトロノームのクリック音に手拍子を合わすより、
クリック音とクリック音の間に入れる方が簡単。

リズムをキャッチボールする感覚で、リズム感を鍛えるといい。
そして、体が乗ってきたらリズムはOK!

これは、ジャズは、リズムが複雑だというところでの話。
とにかく、ジャズはリズムが大事!

ジャズのルールの説明や、
いろんなサウンドも聴かせてもらいました。

参加者のアンケートより

ジャズの内臓が覗けました!ジャズはゲーム、ツール。
少しずれた感じ=ジャズっぽい、ズレたものが音楽として立派な分野となるのは面白い。
今まで、「これを聴かないと」と音楽を聴いていたが、「自分の好きなもの」を掘り下げる、それでいいのだなと思いました。
先生が音楽が好き!がよく伝わってきました。
かっこいい音源がいろいろ聞けてよかったです。
改めてジャズが好きになりました。
とてもかっこいい演奏でした。

ジャズが少し身近に感じられましたね!

12月10日には、こどもの図書館で、
「ウキウキ・キッズジャズ!」と題して、
サックス奏者の山地さんが演奏してくださいますよ^^

さて次回は、
9/9(土)「スプーンが楽器に!?スプーンズ再び!」

昨年度、誰でもすぐにスプーンズの演奏ができるようになる
他にはない「仕掛け」を楽器研究家北村剛が発明し、
驚いたことでしたが、そのアンコール教室です。

準備の都合で、ご参加くださる方は
090‐6883‐7538 または、
otonobunka@gmail.com; まで、ご連絡お願いします。 お楽しみに! mk

音の文化カフェ vol.61 6/22(木)~「おんがくのもり」28年度報告会 報告

改めて昨年度1年間の「おんがくのもり」を振り返ると、
ベテランから新人まで、様々なジャンルの演奏者が

子供たちに音楽を

という趣旨のもと、それぞれに創意工夫を凝らし、
このプロジェクトに関わってくださったことに、とにかく、感謝です。

いや~、無料または、格安のこのプロジェクト、
主催者ではありますが、これ、知らないと、絶対損!

・・・ということは、しっかり告知をする、ということが、大切!と、
改めて感じました。

1回1回も素晴らしいけれど、
全体を見ることで、音楽に対する「バランス」感覚が養われるように思います。

「子供の為」ではありますが、大人がきいても、とても面白いし、刺激的!

なんか、出張「おんがくのもり」できないかな~

どなたか、出資してくださらないかな~・・・

早く、高知県内34市町村全域で、「おんがくのもり」を展開できるようにしたい!

演奏会の様子は、ブログにアップしています。

うちでやってほしい、なんてところがあると、いいな~・・・


しかし、運営費用が、28年度は大赤字><
数十万なのですが、

それくらいなら・・と、言ってくださる方が
現れてくださりますように・・・♪

運営資金作りのための缶バッチ販売にも、
皆さまご協力よろしくお願いします!

1個300円、2個で500円です。

缶バッチ


次回は7/8(土)ジャズってなあに?
西岡良治さんによる楽しい音楽教室です、乞うご期待ください!mk

おんがくのもり第3弾 2017.6.18(日) 松村凜士郎&筒井啓文 本と友だちコンサート 〜いつも心に音楽を〜弾いて歌ってPIANO MAN〜

当日は立ち見が出るほどの大盛況でした。
若い才能とパワー溢れるパフォーマンスにお客さんも大喜び。

オープニングは「おんがくのもり」にちなんで『森のくまさん』を2人で。
子どもたちもおかぁさんもみんなで一緒に歌って早くも会場はいい雰囲気に。

IMG_1827.jpg


続いては凜士郎君のステージです。
こどもの図書館で演奏出来ることが嬉しくて、この日のために色々準備して来たそうです。

シンセと生ピアノを用いて、オリジナル中心に、ジャズ、ブギウギ、バラード、童謡を披露しました。
一曲目の間奏では会場の子どもたちにハイタッチして回ったり、ダンス有り、トーク有り、中学一年生のお兄さんの元気なステージに小さな子どもたちもじーーっと見つめていましたよ。

IMG_1828.jpg

今回の『本の読み聞かせコーナー』は、
ルイ・アームストロング『ワンダフルワールド』の絵本でした!
凜士郎君が常日頃ステージで連呼している『ワールドツアー』にちなんで古川館長さんが選んで下さいました。

『みんな素晴らしい、誰もが素晴らしい』
サッチモの世界観そのままの詩と鮮やかな色彩で子どもたちの瞳もキラキラ✨
図書館でコンサート!素敵だね✨

IMG_1829.jpg

2部は筒井啓文さんのステージです。

筒井さんのあったかくてノリのいいリードでいきなりライブハウスに。
筒井さんの天性の才能がこの日も目一杯いかされました。

IMG_1830.jpg

オリジナルのしっとりバラードをはじめ、全曲弾き語り。
ラストは筒井さんのオリジナル『絆』で、会場みんなで『ハーイ!』
盛り上がりました!

IMG_1831.jpg

アンコールはもう一度みんなで『森のくまさん』

IMG_1832.jpg

また来てね!
高知にこんな若者たちがいたなんて!
帰り際に声をかけていただき2人も本当にうれしそうでした。

素敵な日曜になりました✨  by a.m

ツタヤおんがくのもり 2017.6.18.(日) .『モンゴルの大草原の響き』馬頭琴とホーミー 岡林立哉さん 報告

2017年度 ツタヤおんがくのもり 第2弾は、高須店にて行われました。
殆どの方が、馬頭琴、ホーミーを初めて聴かれる、とのことで、
熱心に耳を傾けてくださりました。

馬頭琴2

岡林-1


モンゴルの大草原・・・隣の家が右方、5キロ先に、
左側10キロ先に見える・・・なんて、
日本からは、想像もできない風景。

馬のしっぽの毛を束ねた弦を、同じくしっぽの毛を束ねた弓で弾く、
つまり、毛と毛とをこすって音を出すのが馬頭琴。

草原の、大地の音が、優しく包み込んでくれる。

音には、景色が記憶されているんだな・・・

忙しくてあくせくしている時、
あせって、どうしようもなくなった時、

思い出したい音の風景。

次の岡林さんの高知での公演は、実は来週にあるんですよ。

岡庭安立哉ちらし

6/30(金)19:00から 高知聖パウロ教会会館にて、
ピアノの重松壮一郎さんとのコラボ! 
2,500円(当日3,000円)
ご予約・お問い合わせは岡林さんまで 090‐4247‐9736

続きを読む

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード