スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐市から始まる MUSIC STEP Vol.44 矢野絢子新緑ライブ「焼き立てパンに徒歩10分」報告 

1997年から演奏活動を開始。
2004年メジャーデビューし、その年ゴールドディスク新人賞を受賞。
今年演奏活動20周年となる矢野絢子さんが、ついに、イワゴーに登場!

地元イワゴーで演奏できることが、すごく待ち遠しかった。
そう言って絢子さんは、普段着の心のままで飾らず、
ピアノに向かい、お客様に向かいます。

こんなに家から近くで歌うのは初めてで、3回も忘れ物取りに帰りました。
会場の笑いをさりげなく誘います。

「てくてく と とろとろ、の間くらいのスピードで、
日々を歩けたらちょうどいいかな。
デビュー曲でもあり、今でもたくさんの出会いをくれる大切な曲です。」の、
「てろてろ」では、
「ほんとはいつも誰よりも君のことを思っているんだ」
と、会場を愛で包み込みます。

「一両の汽車が朝早く小さな町から橋や山や川を越えて、
たくさんの人を乗せたりおろしたりしながら、大きな町へ、
そしてまた最後の乗客を降ろしてからっぽになって帰ってゆく、
それが一人の人生のようだな。いろんな人や物事と出会って、
人生に恋をし続けたいな。」と歌う「汽笛は泣いて」

絢子ワールドが、優しく熱く会場を包み込みました。
共演のアコーディオン奏者、坂野志麻さんとの絶妙なアンサンブルで
贅沢なひと時でした。

IMG_1731.jpg

お二人は、「しまんじゅ」として、あちこちで活動されています。
また、絢子さんは、7月に11枚目のアルバムを作成予定だとか・・・

全国で演奏活動を展開している絢子さんですが、
オトブンのおとの泉の定期ライブスペースで紹介している、
仲田町の「劇場歌小屋の2階」では、毎月定期公演されています。

とても素敵な場所。知らない方は、ぜひ一度、行ってみてくださいね!

次回は、Fairypittaの婦人部「モレッラ・ルブラ」、
フルート、ヴァイオリン、ピアノ、ギター、パーカッションのアンサンブル!お楽しみに~  mk

コメントの投稿

非公開コメント

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。