スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトブンカフェ・GOGOカフェ no.4 2017.5.14.(日)13~16:00

4回目のGOGOカフェ。~調を自由に行き来する~

ずっとお話ししてきた、
「何の音をドと感じるか」ということさえわかれば、
その曲の調性がわかり、
(ドの音の音名が調の名前になります)

楽譜がなくとも、その音階の音を奏でることで、
たいていの曲には、参加できます。

また、世界のトップアーティストの音源に合わせてコラボすれば、
大いなる刺激をもらえますね!

そんなことを復習してから、
実際に音を出しました。

簡単に音の出るもっきんを使って、アドリブを・・・

ブルースや、CDに合わせて。
皆さん、すごいです!
アドリブしはじめたら、あら、止まらない・・・延々と弾き続けてらっしゃいました!
すばらしい!!

7名の参加でしたが、3名の方は初参加。
音があがったり下がったりがよくわからない、との質問で、
よくよくお聞きすると、三味線を習われていて、
曲の途中で調弦を変えるのだそうです。

それは、難しいはずです!
よくわからないとのことでしたが、

音楽は、習うより慣れろ!
言語と同じですから、とにかく、たくさん聴いて、
たくさん奏でて、音を身近に感じ・・・そうすることで、
自由に音がだせるようになると思います。

セミナーではありませんが、
質問には、わかる限りお答えします。

ギターの方は、ドレミを意識せずに演奏しいるから、
なんの音を弾いているのか、よくわかってない、とか。

ならば、まず、ドレミを意識するのもいいかもしれませんね。

でも、ギターの人だけでなく、
現代人は、ドがひっこしをする階名は、ピンとこない方が多いようです。

ここ、実は、とても大事だと、思います。

「ドを何の音に感じるか」ということは、
常に、何調なのか、と調性を意識することでもあります。

そうすることで、より音楽を味わうことができるのではないかと、思うのです。

「ぜひ、ドを探して聴く」ということ、やってみてください。
機能音感が身に付きます。

耳コピ(耳で音をコピーすること)も楽になりますよ~

この日、参加者の方が、
「Ol’55」というトム・ウエイツの曲のコードをとって欲しいと、
紹介してくださいました。
なかなかいい曲ですね!

ちょっとしたきっかけが、
知らない世界の扉を開いてくれて、嬉しい。

さて、次回は、演奏するときに一番大事な脱力について、
その大事さと、訓練の方法をご紹介してみたいと思います。

皆さまからのご質問、また話題提供もお待ちしています♫  mk

コメントの投稿

非公開コメント

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。