FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音の文化カフェ GOGOカフェ 2017.2.12. 報告

オープンハートに頼んで作ってもらったポスターで、お客様をお迎えします。

音の文化GOGOカフェポスター


とても寒い中、8名のご参加をいただきました。
初めての方も2名いらっしゃり、最初は、今までの復習を少し。

なんの音を「ド」に感じるか・・・
それにより、調性を感じ、理解しようという理論の話。

メロディの音を高さの順番に並べると、音階ができます。
一般的な音階は、ミとファ、シとドの間が半音でその他が全音。
その関係にあてはめると、すぐにどの音が「ド」かがわかるようになります。

積極的な質問が出ます。
音階とは?ドレミとは?調とは?

そう、意外と、この基本的なことって、
ちゃんと説明されてないんですね・・・

音階の音は、ピタゴラスが発見したこと、
倍音によっても音が生まれていることなどを説明しましたが、
案内人が納得のいく説明ができません><
次回の宿題に・・・

全ての音、12音を「ド」とすることができるので、
12の調、各調に長調、短調が存在します。

それぞれのドを、確認し何調であるかを実感していただき、
クラシック作品を調性別に聴いていただきました。

イ長調
モーツァルト/ピアノソナタ11番(第3楽章がトルコ行進曲)
モーツァルト/ピアノコンツェルト23番
モーツァルト/クラリネット五重奏曲

変イ長調
リスト 愛の夢

ニ短調
メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲
バッハ/トッカータとフーガ

ニ長調
パッヘルベル/カノン
ヘンデル/ハレルヤコーラス

嬰ハ短調
ショパン/幻想即興曲

ハ短調
ブラームス/交響曲第1番
ベートーヴェン/交響曲第5番運命

ヘ長調
ルービンシュタイン/ヘ長調のメロディー
ベートーヴェン/交響曲第6番田園


「調によって違うもんやね~」と声が上がります。

作曲者は、通常、最初に何の調にするかを決めるそうです。
それだけ、「調」によって、その世界が違うということ。

「曲が違うと、調の違いがわかりにくい」との御意見もいただき、
弘田龍太郎の「春よ来い」を、本日聞いた7つの調でピアノで演奏。

オリジナルキーは、イ長調。
弘田龍太郎さんが、この調を選んだこと、感じていただけたかな・・・?

さて、次回のGOGOカフェは、5/14の日曜。
「調の違いを体験しよう!実践版」という感じで、
実践を通して音楽の根本への理解を深めていただきたいと思います。

参加の皆さまから、たくさんの貴重な「気付き」を頂きました。
ありがとうございます!  北村真実

コメントの投稿

非公開コメント

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。