FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつまめ便り vol.11 歌い手にとっての大事な喉をいたわる金柑。高知とオーストリアを結ぶ黄金色の果実のお話

オーストリア在住の岡本光世さんからの近況報告 お届けします。

略歴:南国市出身 高知大学卒業後、2005年渡独。
ドイツ国立ロストック音楽演劇大学・同大学院を最優秀で修了。
2010年国家演奏家資格取得。
現在オーストリアのリンツ歌劇場に専属合唱団員として勤務。

~~~~~~~

ご無沙汰しています。皆さまお元気ですか?
あっという間に節分、立春と、暦の上ではもう春ですね。
しかし、この冬は高知でも雪が降ったりしたようで、寒い思いをされた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。


さて、話は変わりますが、これ何だか分かりますか?

kinkan.jpg


そうです。金柑です。スペイン産の金柑をスーパーで見つけました。
私の住むオーストリアは気候的に、柑橘類には向かない土地なので、柑橘類は、イタリアやスペインから多くやってきます。
冬はオレンジの季節で、スーパーでは山盛りになったイタリアやスペインからのオレンジを良く見かけるのですが、金柑がこうやって普通の売られるようになったのは、ここ数年のことではないかと思います。

私は金柑が大好き。なんといっても、皮ごと食べられるのが素晴らしいですよね。そして、この皮が甘くて美味しい!
喉にも良さそうだし、スーパーで見つけたら買い占めて、せっせと食べています。

金柑は幼い頃から大好き。
当時、近所のお庭になっている金柑を、そこへ行くたびに勝手にもいでは食べ、もいでは食べしていたので、そのお家のおじさんから「金柑娘」と呼ばれていたのを、金柑を食べるたびに懐かしく思い出します。
その後、そのおじさんは引っ越し、お家も別の建物になり、金柑の木もなくなり、今となっては、私の記憶の中にしか、当時の風景は残っていません。
そのおじさん始め、沢山の優しい人たちに囲まれて、お世話をして頂いていたんだなぁと思うと、非常に有り難い気持ちになり、また、金柑を食べることが私の仕事だった(勝手に食べていただけですけど)、そんな平和で幸福な時代はもう戻ってくることはないのかと思うと、しんみりしてしまいます。

私は美味しいものを食べるのが大好きです。それは単に美味しいからというだけではなく、こうやって、たまに、味覚から昔の素敵な記憶がよみがえることがあるからです。そして、その記憶を、自分が今食べているものを通して、もう一度味わうことができる。
高知から遠く離れた異国からでさえも、それは可能。
だから、食を大事にしたいなと思うのです。

もし将来オーストリアから引っ越して日本にでも帰ったとして、「あぁ懐かしいなぁ〜」と振り返られるように、しっかりとこちらでも美味しいものを食べるべきだわ!と心に誓う今日このごろ。
皆さんの思い出の食べ物は何でしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。