スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんがくのもり第13弾 高知聖パウロ教会・楽しい音楽教室森本千晶「楽しく歌お うEnglish Songs!」~リズムと英語はともだち~3/14(土)16:00~17:30

おんがくのもり第13弾 26年度最終回が本日無事終わりました。

子供13名、大人14名の27名の参加。

最初は講師の森本千晶さんによるミニライブ。
それぞれ、歌詞の内容を解説しながらメドレーで

ABCの歌
メリーさんのひつじ
ロンドン橋
Twinkle, twinkle, little star  を。

次は、
「大きな古時計」をジャズ風に、
赤とんぼ、ふるさと、シャボン玉 を、
ボサノバや、ジャズワルツで。
もちろん、歌詞は英語。

みんなわかるかな~と思いましたが、
ポンポンとタイトルが出てきました!

そして、
1.try hard!一生懸命がんばろう!
間違ってもいいよ!間違うことががんばってる証拠。
2.listen!  よく、聞いて!
3.enjoy!  楽しんで!

という3つのルールを説明。

それから、リズムと英語はともだち・・・のわけを説明。

バナナ、チョコレート、スケジュールなどの言葉を
日本語発音と、英語発音で比較。

英語の特徴は、
音の高低、長短、強弱がはっきりしているから、
リズムができる、とわかりやすく説明。

また、小物パーカッションを参加の子供たちに配り、
できる子はステップを踏みながらパーカッションを鳴らしながら、
英語を発音。

Twinkle, twinkle, little star の歌詞を
リズムに合わせて発音して、その後歌いました。

「let it go」「星に願い」 を はさんで、後半に。

「小さな世界」の歌詞をグループごとに分かれて
リズムに合わせて練習して歌って、あっという間に終わりました!

千晶先生曰く、

今日をきっかけに、
英語っておもしろそう、
音楽に合わせて体を動かすこと、楽器を鳴らすことって楽しいと、
少しでも感じてくれたら、嬉しい、と。

いろんな刺激いっぱいの楽しい教室でした!
千晶先生、お疲れ様でした~!

***

当会の新企画として始めたこの「おんがくのもり」

何かを模倣したわけではなく、
弱小な音の文化振興会ができること・・・

・他団体と連携した何かができないか
・協力してもらって、こちらも協力する

それを突き詰めた結果、1年かけて考案し、
1年かけて会場の各所に相談してやっと実現したもの。

助成金申請も通らず、見切り発車の企画でしたが、
結果は、4会場の皆様、ご参加の皆様に好評いただき、
27年度も開催することとなりました。

前例のない企画でしたので、反省も多々。
毎回のアンケートで、そうか!と、思い知ることも少なからず・・・。

しかし、この13回という非常に得難い経験をもとに、
「おんがくのもり2015」は、内容を改良して行います。

乞うご期待ください!

1回目は5/9(土)市民図書館の朝のライブラリーコンサート、
佐伯北斗さんのクラシックギターです!   mk

コメントの投稿

非公開コメント

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。