スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんがくのもり第12弾 木洩れ日コンサート~北欧の企画展に合わせて フルート中川美紀・ピアノ前田香織 2015年3/1(日)14:00~15:00 高知県立文学館

風の音、木々のざわめき、鳥の声・・・
気持ちいい藤並の森での木洩れ日コンサート。

今まで4回すべて絶好のコンサート日和でしたが、
この日は、あいにくの雨。

残念ではありましたが、

「ぜひ、朗読と音楽とのコラボをしてほしい」というアンケートにお応えして、
初の、紙芝居とのコラボは、ホールだからこそのいい音響でした。

紙芝居は「アナ雪」の原作とされる、デンマークのアンデルセンの「雪の女王」。
仲良しのカイという男の子とゲルダという女の子。
雪の女王にカイがさらわれて、勇敢に助けに行くゲルダの物語。

フルートの中川美紀さん、ピアノの前田香織さんと、
かなり時間をかけて、考えました。

フィンランドのメリカントや、
ノルウェーのグリーグ、
フィンランドのシベリウスなど北欧の作曲家を中心に構成。

20150301おんがくのもり文学館1
20150301おんがくのもり文学館2


有名な曲ではないものが多かったけれど、
なんともいえない、北欧音楽の優しさと、
素敵な演奏で、以下のような感想をいただきました。

やさしいメロディに包み込まれるひと時でした。
静かな心が落ち着く曲ばかりで感動しました。
紙芝居のバックも見事でした。
後期高齢者でも惹き込まれる。
ほのぼのとしたいい会でした。

また、

紙芝居とおんがくのコラボすごく新鮮でした。
紙芝居とコンサートの調和がよかった。

と、この試みも大成功!
今回の朗読、打ち合わせを担当された学芸員の門田貴美子さんは、
演奏を録音して、それに合わせて、ばっちり朗読くださいました!


最後に、「アナ雪」から
「ゆきだるまをつくろう」、と、「ありのままで」を一緒に歌いました。

声をしっかりだす練習の後、「雪」と「春が来た」を発声練習代わりに。
園児から高齢者の方まで、一緒に歌うって素敵ですね・・・

唱歌もなつかしく良かった、と感想いただきました。

また、「ベビーOKのコンサート、もっともっとやってほしい」という感想も・・・。

嬉しいですね、皆様のご要望、ドシドシお寄せ下さい。

次回は今年度の最後、3/14(土)16:00より 高知聖パウロ教会にて

楽しい音楽教室 
森本千晶「楽しく歌おうEnglish Songs!」
~リズムと英語はともだち~です。 
(小学1年生以上が対象) お楽しみに!mk

コメントの投稿

非公開コメント

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。