FC2ブログ

音の文化カフェvol.43 7/5 「世界をつなぐ音楽の夕べ~民族音楽大特集」報告

音の文化カフェvol.43 7/5「世界をつなぐ音楽の夕べ~民族音楽大特集」報告 高知聖パウロ教会にて


18時オープン時にお客様が詰めかけて来て下さる・・・
てんてこまいで忙しいけど、嬉しい悲鳴!

演奏者5名と、スタッフ11名を合わせて総勢50名ほどで
23時をすぎても、延々と賑わいました・・・

初めてご来場の方も少なくなく、
新聞やFBで知った方、また友人に勧められた方・・・と、
宣伝の効果もばっちり!


金曜の夜は、プレイヤーは、なかなか忙しいのですが、
  最近帰省された若手三味線長唄の杵屋弥之吉さんが
  かけつけてくださりトップバッターを飾っていただく。

  ものがたりを語るように歌う長唄は、短くても20分、
  長いものでは1時間をこえるという・・・
  杵屋さんは、邦楽の枠を超えた音楽活動をしていきたいとのこと。
  今後、注目ですね!

  その後、日本の楽器・・・ということで、こきりこを紹介しました。
  こきりこ節をこきりこにあわせて歌いました。


  また、口琴は江戸時代に流行っていた話、そしてその口琴が笙になり、
  笙からオルガンのような楽器が生まれたことをご紹介。


  楽器で、音楽で世界は繋がっているんですね・・・


  そして、潮江天満宮で行われる 7/7 七夕コンサート星の音(民族音楽)の 
  主催者による熱のこもった宣伝。
   (手作り影絵にあわせて、堀内佳さんが曲を作成したり・・・)

    詳細は ⇒ 【コンサートカレンダー】
           PC用 http://otonobunka.com/calendar.html
           携帯用 http://bit.ly/qEVkWk

  
  ここで、7/11 当会が後援しているジンバブエのガリカイ氏の演奏を紹介。
  ムビラをご来場のみなさまにもさわっていただく。
  親しみをもっていただけたかな?


  そして、全国的にもずっとスリットドラムを演奏し続けている人は他にいない!
  というあめんぼさんの演奏がひとしきりあった後、

  あめんぼさんにタオルで目隠しをして東風さんが即興で入る。
  スリットドラムから、バリの鉄琴、はたまた譜面台をも楽器にしてたたかせる東風さん。
  お客様にも楽器を持ってもらい、合奏の輪はどんどん広がり…
  そのうちに、私も杵屋さんも合流して 最後に再度「こきりこ」でおしまいに。


  生活の中から生まれる民族音楽の一面を体感した一夜となりました!


  イベントの終わった21時以降も・・・

  ムビラ・鳴子・グンタン・ピアニカ・リコーダ-・ティンホイッスル・トーキングドラム
  レインメーカー・ディジェリドゥー・ヒョウ琴・カズー・オカリナ・口琴など

  ずらっと並べて、皆でワイワイとセッション!


  そうこうしてるうちに、お客様で高知大の学生がコントラバスを持ってきて、
  なんだか不思議なセッションに・・・

  そうこうしてるうちにアコーディオンの坂野志麻さんも登場!

  そうこうしてるうちに、わ! 馬頭琴&ホーミーの岡林さんまでご来場!

  岡林さんもいろんな民族楽器を手にして音を出してるうちに、
  やおら、馬頭琴を取り出して、ホーミーを始められた!

    初めてしっかりお話させてもらいましたが、
    岡林さんは名古屋の方で、全国で演奏活動してるうちに
    高知が気に入って2年前から引っ越されたそうです。
    今でも1年の半分は県外で演奏していらっしゃるそうです。


  遅くまでのこってたみなさん、いや~、すごかったですね!
  教会会館がホーミーで包まれました~。モンゴルの砂漠が見えました~。


 今年度は3か月に1度の音の文化カフェ。 
 次回は10月になります。 

 じっくりと、企画いたしますので、乞うご期待ください!  mk 

コメントの投稿

非公開コメント

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード