みつまめ便り vol.11

オーストリア在住の岡本光世さんからの近況報告 vol.11 お届けします。

略歴:南国市出身 高知大学卒業後、2005年渡独。
ドイツ国立ロストック音楽演劇大学・同大学院を最優秀で修了。
2010年国家演奏家資格取得。
現在オーストリアのリンツ歌劇場に専属合唱団員として勤務。

~~~~~~~~~

こんにちは。 今年ももうあと2週間ですね。
大変ご無沙汰しています。

今年はみなさまにとってどのような1年でしたか?
私にとってはこの一年も(毎年同じことを思いますが)あっという間に過ぎました。
いつものごとく、夏の日本での時間も瞬く間にすぎました。

今年の夏は、演奏会にお誘いいただいていたこともあり、
日本各地に出向くことができ、忙しいながらも大変充実した時間を過ごさせていただきました。
普段、劇場の仕事ではソロでお客様の前で歌うことが滅多にないため、
この夏怒涛のごとくあった(一ヶ月の間に8回ありました!)
演奏会では随分と鍛えていただき、大変勉強になりました。

こちらへ帰ってきてからは、またいつものように仕事が始まり、
オペラやミュージカルの稽古、公演が続いいます。
特にこの時期からは公演数が多くなり、
加えて日常の稽古があるので仕事がどんどんタイトになってきまして、
加えてこの寒い気候(南国育ちの自分にはやっぱり冷たい気候は苦手。。)なものですから、
風邪をひかないようにと気をつけながらの毎日です。

さて、クリスマス間近ということで、
先日はインスブルックというオーストリアのアルプスに囲まれた
大変美しい街のクリスマスマーケットに行ってきました。

インスブルック1縮小

アルプスの山々が目の前にあるので、その雄大な景色は素晴らしく、
日本人観光客も多く訪れる場所です。
インスブルックは大好きなまちで、
この時期もクリスマスマーケット目当てに毎年時間が取れると必ず訪れています。

インsyブルック2縮小

どこのクリスマスマーケットも同じような感じだと思うのですが、
毎年だいたい出ているお店は同じ。同じ場所にツリーがあり、同じ場所に同じ電飾があります。
でも不思議と飽きないんですよね。
むしろ、ああ、今年も同じ顔ぶれが揃っていてなんか嬉しいなぁとほっとする感じです。
そうそう、これこれ!って思います。

実家のおせち料理の種類が毎年同じで、代わり映えしないけどいつもの味、いつもの料理。
みたいなことに安心する感覚と似ている気がします。

というような例えを出しておきながら、
この仕事を続ける限り、夏しか帰省できないどころか、
年末年始は仕事が忙しくて休みなんて取れないので、
実家のおせち料理をもう10年近く食べていませんから、
もしかしたらもう実家のおせち料理も驚く変化を遂げているのかもしれませんが!

さて、キリスト教のオーストリアでは、12月24日が日本の大晦日、
クリスマス25日が日本の元旦のような感じで、クリスマスは家族が集まる大事な行事です。
24日の午後早いうちにお店は全て閉まり、街はひっそりとします。
25日も26日も祝日です。もちろんお店は閉まっています。

そんな感じですから、学生の頃は、寮の学生が留学生以外は皆帰省しひっそりと静まりかえり、
大変寂しい思いをしたものです。
働き出してからは、クリスマス時期は24日以外は仕事があることも多く、
むしろ少し休めて嬉しい!という感じになりましたが(笑)

そんなクリスマスがすぎると、大晦日は今度は日本のクリスマスのような感じで、
年越しパーティやら打ち上げ花火やら爆竹やらで、こちらでは賑やかに新年を迎えます。
ところがこの風習に日本人の私はまだ慣れることができず、
「やっぱり年末年始はお家で静かに過ごしたいわぁ。
飲めや歌えやのパーティなんて嫌だわぁ」と思ってしまいます。

ああ、私がまた日本で年末年始をゆっくり厳かに過ごせる日は来るのでしょうか!?
なにはともあれ、今年一年も元気に過ごせたことに感謝して残りの日々も過ごしたいと思います。

久しぶりに投稿したと思ったら、一年の締めくくりみたいな、
またまた音楽とはなんの関係もない話題になってしまって恐縮です。
高知も朝晩冷え込む日が増えてきましたね。
どうぞご自愛いただき、良い年末年始をお送りください。
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード