チェリスト山根風仁さんの弦楽四重奏団演奏会 Quartet Farbe debut ! 報告

「山根風仁君のチェロを聴く会」と、

オトブン(音の文化振興会)共催イベントとして開催した演奏会。

11/18(金)県立美術館ホールで、

11/19(土)津野町酒蔵ホールにて開催しました。

 

パンフレットから引用します。聴く会・会長の吉澤文治郎さんのあいさつ文です。

 

 今年は、5月のリサイタルに引き続き、この9月には「アルテック」と「ゆすはら座」でピアノトリオの演奏会を開いてくれました。そして本日、今年3回目の演奏会です。それだけでも嬉しいのに、さらにこんなに素敵な仲間を連れて来てくれました!昨日母校の土佐高校で総見としての演奏会に続けて、この美術館ホールで、そして津野町の酒蔵ホールでも演奏会を企画しました。より多くの高知県民の皆様に、「風仁くんの今」を聴いていただけることを大変うれしく思います。

   さて、聞くところによると、風仁くんの活動は・・・7月第12回ビバホールチェロコンクール入賞(井上賞)、8月ルーマニア国際音楽コンクールアンサンブル部門第2位、そして、12月第70回学生音楽コンクール全国大会に出場決定と果敢にチャレンジし続けているようです。9月は大学の芸祭で、弦楽四重奏、オクテット、セプテット、古楽アンサンブル(バロック  チェロデビュー)、バッハカンタータクラブ、やたたフィル、作曲科の学生の作品発表と大活躍!この11月27日には、姫路交響楽団定期演奏会でチャイコフスキーの「ロココの主題による変奏曲」で独奏チェロを・・・。今日のカルテットでの東京公演が11月22日にあるというのに・・・すさまじい快進撃!まだありますよ。つい先日には、高知で行われた表千家の大会でも演奏したとか。また、この10日には京都で行われる演奏会に高知大学の教授で作曲家の前田克治氏の作品の初演を行っているんです。

 

 そんな超ハードな演奏活動を行いつつ、大学の授業以外でも日本各地のセミナーに積極的に参加し、研鑽を積んでいるとのこと。今宵は更に成長した姿を見せてくれることでしょう。

 

 将来有望な4名の演奏を、皆様と一緒に楽しみたいと思います。風仁くん、ありがとう!

 

 

そして、山根風仁さんのあいさつ文は・・・

 

 本日は、お忙しい中、演奏会にお越しいただきまして、ありがとうございます。

 5月のリサイタルに続き、高知の皆様に演奏をお届けできて大変幸せです。今回はこれまでのリサイタルとは違い、東京芸大の同級生で活動している弦楽四重奏団”Quartet Farbe”としての演奏会です。

上京した時から、大学で出会う仲間とともに高知で演奏会をするのがひそかな夢で、こんなにも早く実現することができて本当に嬉しいです。

 弦楽器は、特別な場合を除き、1つの楽器で1つずつの音しか演奏しません。4つの声部に1つずつしか楽器をおかない弦楽四重奏は、ある意味で最小の、またある意味で最も均衡のとれたアンサンブルの形態として、昔から聴衆や作曲家、演奏家たちを魅了してきました。うまく調和が取れた時、全体としてのエネルギーは爆発しますが、同時に、その非常にデリケートな調和は油断をするとすぐに壊れてしまいます。

 昨年結成してから1年半、そんなカルテットの魅力、難しさに向き合いながら、河野文昭先生、松原勝也先生のご指導のもと、4人で勉強してきました。室内楽の魅力を、どうぞ最後までごゆっくりとお楽しみください。

 

 

どうです皆さん!?この文章からでも、この演奏会の内容が、いかにすばらしいものであったかが、伝わってくるような気がしませんか?

実際、この時の演奏は、お集まりいただいた皆さまをしっかりと魅了しました。


ファルベ風仁く

プログラムは、以下。

 

べートーヴェン / 弦楽四重奏曲 作品18-5 イ長調

ショスタコーヴィチ / 弦楽四重奏曲 第8番 ハ短調

ヴォルフ/ イタリアン・セレナーデ ト長調

メンデルスゾーン / 弦楽四重奏曲 第2番 作品13 イ短調

 

こんな凄まじいプログラムなのに、

11/10に京都で初演のソロ、そして11/27には姫路交響楽団と共演・・・

考えただけで、こちらがクラクラします・・・

 

いや~、素晴らしい!頼もしい!

 

グループ名は、Quartet Farbe(クァルテット ファルベ)。

 

メンバーは、第一ヴァイオリン:高木凛々子、第二ヴァイオリン:片山遥、ヴィオラ:金田滉司、チェロ:山根風仁。2015年に、東京藝術大学で共に学ぶ4名で結成。Farbeは【独:色,色彩】という意味です。そいて今回のコンサートが、彼らの初めての演奏会でした。

 

皆さん、この名前、覚えててください。

そして、今後の活躍を、楽しみにしていてください! 

 

最後に、この大変意義のある演奏を支えてくださった高知と津野町のボランティアの皆さん、お疲れ様でした!また、ご協力ご支援、ご来場くださった皆様、心より感謝申し上げます!mk
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード