土佐市から始まるMUSIC STEP vol.34 佐伯北斗 ギターコンサート 〜ギター音楽の魅力を伝え続けて〜  9/17(木) ベーカリーカフェ イワゴー 9/17(木) ベーカリーカフェ イワゴー

昨年の初のイワゴーでの演奏会に引き続き、大好評につき今年もご登場の北斗さん。

「クラシックの敷居は高くないんですよ」、と始まり、

作曲者は、ソルさんです。私はヒゲを剃る。
寒いですね、秋ですねー」、とトークも絶好調で、今年も楽しい一夜になりました。

愛のロマンスでは、北斗さんのオリジナルアレンジで、
なんと今回はトレモロ(同じ音を素早く繰り返す奏法)バージョンで演奏。
「禁じられたトレモロ、ですねー」
と、何百年という時を経て残ったクラシックギターの名曲を、
会場は始終ほのぼのとリラックスした空気で、堪能しました。

真剣な演奏と、くだけたトークのバランスが、なんともいいですね!

佐伯さんへの質問コーナーでは、
「師匠の松居孝行さんは、どんな先生ですか?」に対して、

「8月に松居祭という演奏会があり、
そこで松居先生の生徒が出演したのですが、
一人ひとり全く違うスタイルでの演奏なんです。
先生の教え方は、こうでなくてはいけない、というのではなく、
その本人が持っている良さをすごく伸ばしてくださる先生ですね。」
と、返答。

佐伯さんの音楽も、本当に「クラシックギターが大好き」ということが、
からだ全体から感じます。
音楽に夢中にさせる松居先生、すごいですね・・・

プログラムは、
ヴァイス/シャコンヌ
ソル/マルボローの主題による変奏曲
スペイン民謡/「禁じられた遊び」より ”愛のロマンス”
タルレガ/アルハンブラ宮殿の想い出
ヴィラ ロボス/ショーロスno.1
ディアンス/タンゴアンスカイ
ブローウェル/11月のある日
ヨーク/サンバースト
バリオス/最後のトレモロ

そして、
さだまさしさんのコスモスと
松居先生が1枚だけ出したギターのCDの最後の曲、
フォーコという激しい曲を演奏し、
クラシックギターの魅力がいっぱいに広がりました。

4_detail.jpg


今年の5月から、天王ニュータウンのサンプラザの駐車場内にある
「クレフ」というお店の夜の部「ギャラリーカフェバー」を担当されている佐伯さん。

ライブもさかんに行われていて、ご自身もよく演奏されています。
今は、高知の偉大な版画家、坂上貞宜さんの追悼展もしています。
皆様ぜひ、お出かけください!

そうそう、最後に佐伯さんが、
「私の誕生日の9/22にクレフで、500円飲み物付のライブをします。
輪音(佐伯さんと、クレフの昼の部担当の池田葉子さんによるギターデュオ)も出演します。
プレゼントを持っていらしてください^^」とご案内ありました。賑わいますように!

次回は、
11月13日(金)グランディールにて、
土佐南中学吹奏楽部と国内外で活躍されている
アコーディオンの坂野志麻さんとウクレレのキャスさんのご登場です! mk
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード