山根風仁ワンコインチェロリサイタル 2014年11月18日(火)19:00 美術館ホール

なんと、当日券のお客様 入場者数 438 (そのうち当日券92)・・・!!

美術館ホールのキャパが399なので、消防法に違反では!?
いえいえ、ステージの上にも座席をかまえて、対応しました^^

数日前には完売の兆しがあったので、
知らずに当日券で入ろうとしていらっしゃったお客様に、帰っていただくのは、申し訳ない。

聴きたい方全員に、この記念すべき演奏会を聴いていたきたい、

そんな思いで、美術館に問い合わせたら、
ステージ上の座席をかまえることは、かまわないとのこと。

前日の17日にチケット販売ストップをかけて、当日に備えました。

当日の受付は、17時過ぎからお客様が・・・。
「ステージ上の座席でよろしければ」と説明し販売。

当日来られた方は、92名。すごい!!

美術館ホールだけの催しで、駐車場がなくなったのは、初めてだとか・・・。

そうなんです、間際に来られた方は、駐車場の混雑で、大変ご迷惑をおかけしました。
本当にすみませんでした!

なんとか奥に置いていただいたりして、対処はできたようですが、
暗がりの中、不自由をおかけしました。

そんなことで開演を少し遅らせてスタート。

20141118ワンコイン3縮小


風仁さんを取り巻くお客様の中で、
「囲まれて演奏するのはけっこう好きです」と風仁さん言われていましたが、
集中力のすばらしい演奏をしてくれました。

20141118ワンコイン2縮小


前半のプログラムは、
現在52歳のチェリスト ソリマの「ラメンターティオ」 歌いながら演奏するという珍しい作品
J.S.バッハの無伴奏チェロのための6つの組曲 第3番
クラムの無伴奏チェロソナタ

後半は、
ベートーヴェンのピアノとチェロのためのソナタ 第3番 
.バッハの無伴奏チェロのための6つの組曲 第1番

バロックから現代まで、幅広く魅力的なプログラムです!

ベートーヴェンのみピアノとの共演。
ピアニストは、姫路の丸山聡美さん。

会場をうならせるアンサンブルでした!

20141118ワンコイン1縮小

実は、このリサイタル、高知より先に姫路でこの11/30 に決まっていました。

それは、昨年第5回フレッシュコンサート(姫路市)に出演し、池辺晋一郎賞を受賞。
その副賞がリサイタルなのです。それも、姫路の800人のホールで!

それなら、ぜひ地元で演奏してもらいたいと、風仁さんにお願いしました。

一晩のリサイタルの準備をすることは本当に大変なこと。
それを1回で終わらせるのはもったいないし、
また、2度、3度同じプログラムで本番を迎えることで、演奏のレベルが飛躍的に上がります。

風仁さんも、ぜひやりたいということで実現しました。

この日のアンコールは以下の3曲。
フォーレの「夢のあとに」
ピアソラの「リベルタンゴ」
アルヴォ・ペルトの「鏡の中の鏡」

これまた素晴らしい時間を紡ぎ出していました。


開催にあたり、「山根風仁君のチェロを聴く会」主催とし、
会長に、風仁さんの先輩のひまわり乳業社長、吉沢文治郎さんに会長になっていただき、
当会が共催という形で行いました。

今回のリサイタルを「山根風仁君のチェロを聴く会」のスタートとし、
風仁さんの成長とともに、この会も成長し、
風仁さんの活躍を、たくさんの方々と共に見守り、応援し、そして楽しんでいきたいと思います。

今は、メールで風仁さんの演奏活動などをお知らせするのみですので、会費はありません。
お気軽に otonobunka@gmail.com まで、ご連絡ください。

また、当会の会員になっていただきましたら、
郵送で年4回「おとの泉」を中心にお知らせします。
「おとの泉」には、必ず、風仁さんの活動は、入っています。
年会費個人は3,000円で、今年度は残り1/3 なので、1,000円です。

風仁さんと合わせて、音の文化振興会も、ぜひ応援ください!

また、一緒に、裏方をしてくださる方も募集中です。
楽しく作業しながら、高知の音楽土壌を耕していきませんか?  mk
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード