おんがくのもり第4弾 楽しい音楽教室/岡本光世「みつまめのうたごえ教室」 歌うことがもっとたのしくなる!? 7/26

「みつまめのうたごえ教室」 高知聖パウロ教会会館にて 
2014年7月26日(土)16:00~17:30


オーストリア在住で普段はオペラ歌劇場の合唱団員として
プロ活動をしている岡本光世さん。

まずは、光世さんの美しい歌声から始まりました。

中田喜直さんの「悲しくなったときは」
ウェーバー「魔弾の射手」より

それから、まずは、楽しくかえるの合唱を輪唱。
約25名が4パートに別れました。
すぐに、いい感じにできたので、そのままドイツ語で・・・

そう、「かえるのうた」は、ドイツで生まれた曲だったのです!

クワッ クワッ というのは、ドイツ語だと
クヴァック クヴァック・・・となり、
ケケケケ・・・というところは、そのままケケケケ・・・でした。

日本語ドイツ語両方で輪唱して前半は終わり。

後半は、滑舌をよくするために
まず、早口言葉を練習!

生麦生米生卵
赤巻紙気巻紙青巻紙
蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ

など、楽しく練習。

そのあと、

海は広いな大きいな、の「うみ」と、
松原遠く消ゆるところ・・・の「海」を練習しました。

まずは、歌詞の朗読。

イメージを持って感情を込めて、反復朗読。

光世さんは、歌詞を大切にすることを丁寧に指導。

歌詞がついているということが、他の音楽とちがうところだと。

最後のフリートークの時間では、オーストリアの生活のことなども
お話しいただき、和やかに終わりました。

約25名、3~80歳・・・という年齢の幅の皆さまがおいでくださりました。
世代を越えて一緒に歌う時間は、なんともいえない、良い時間に思いました。

募金額 8,810円  ありがとうございました!

次回は、8/2 (土)市民図書館中庭での、
朝のライブラリーコンサート「ガッキヅカンによる世界の音楽」です。

朝9時からの30分。世界のいろんな楽器をお楽しみください♪  mk

続きを読む

こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード