「おんがくのもり」第3弾 本とともだちコンサート 親子で楽しむクラシック♪ 佐伯北斗 ギターの魅力について語る  2014年6月15日(日)

佐伯北斗さんのクラシックギターで、
文教地区におけるこどものためのコンサートプロジェクト
「おんがくのもり」第3弾 本とともだちコンサートが、
6月15日(日)14~15時に、NPO法人高知こどもの図書館で実施されました。

プログラムは、前半はソロ演奏で、
ジブリシリーズより、
 猫の恩返しより「風になる」
 天空の城ラピュタより「君を乗せて」
 魔女の宅急便より「風の丘」を。

2014年6月15日おんがくのもり第3弾その1


こどもの図書館の古川館長のインタビューで、
佐伯さんとギターの出会いは、高校2年生の時だったこと、
大人になってからでもギターを始めるのは遅くないということや、
音の出るしくみや、音色の作り方まで、いろんなお話を聞きました。
ギターをかき鳴らす場所で、全然音色が違うんですね~

そして、2つの絵本の朗読とギター演奏のコラボに・・・

 「ガンビーさんのふなあそび」 & グリーンスリーブス
 「あめのひ」 & 放課後の音楽室

古川館長、ギター演奏をバックに、気持ちよさそ~に朗読。


最後はクラシックの名曲がずらり・・・
 禁じられた遊びより「愛のロマンス」
 11月のある日
 リブラソナチネより「フォーコ」

ギターを打楽器のように叩いたりしながら、激しく終わりました。


そして、アンコールには、「アルハンブラの思い出」をしっとりと・・・

最初2,3歳の子供たちは、
静かなギターの音色に戸惑っていたかのごとく、ざわざわしていましたが、
時と共に、気持ちも落ち着いて、ゆったりと優しい時間が流れました。

アンケートには、間近で聴くギターの音色に感激したというのが、多くありました。

現在、演奏する人、また聴く機会がめっきり減ってしまった、クラシックギター。
少しでも、この手軽な楽器なのに奥深い音楽ができるギターに、
興味を持つ方が増えたらいいですね。

会場は、80名を越す親子で満員御礼!

寄付金は、2,341円集まりました。
子供にお金を持たせて、募金くださる方がたくさん・・・
ありがとうございました!!

次回は7月26日(土)、高知聖パウロ教会会館で行う楽しい音楽教室です。
オーストリア在住の岡本光世おねえさんが、
歌うことがさらに楽しくなる秘訣を教えてくれます。 はやくこないかな~・・・ mk
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード