2014年2月16日  セミナー「テンポキープ鍛練法」

2014年2月16日(日)10:00~12:00 音の広場「カプリース」
セミナー「テンポキープ鍛練法」講師:大久保日和さん


大好評のこのシリーズ、毎回形を変えて行っています。
今回は、時間を少し長めにして1回にぎゅっと凝縮。

ドラム、ピアノ、三線、サックス、ダンスと様々な方6名が参加してくださりました。

リズム楽器の人はもちろんですが、メロディ楽器の方こそ、リズム感鍛えて欲しい。
頭の目でリズムが見えてないといけない。 確実に理解して下さい

1年後に確実にリズム感がよくなりますが、
 道具(メトロノームとバチ)を揃える
 毎日5~10分続ける (土日休んでもいい)
この2つの事を実践して下さい。

メトロノーム練習は、通常は面白くなくて、10分もしたら、もういい・・・となりがち。
でも今日やる練習方法は、60分続けてもでも楽しい練習です。
5,10分でいいので続けて、毎日やってください!
頭と体が一致することが大切。

と大久保講師が挨拶された後、

まずは、楽しく音階ドレミファソラシドの音が出るシェーカーを一人一つずつ持って、
「チューリップ」を普通に演奏。その次に4ビートのはずむリズムで演奏。

と、少しウオーミングアップしたあとは、
A410枚ほどにびっしりとまとめられた練習方法を説明。
頭使いましたね~!

メトロノームのクリック音を
拍子の頭以外に自由に動かす練習なのですが、
そこから小節の、拍の頭を感じ取る練習。

私はずっとこのセミナーに参加してきましたが、
クリック音が鳴っていない拍が、ほんとに頭の目で見えてくるんです。
いいリズム感が身につくと、逆に悪いリズムを出すことの方が難しくなると思う。
リズムに乗ることで、演奏が楽しくなるし、いい音楽ができるから、
聴く人も楽しくなるし、そして、いいリズム同志のアンサンブルは、本当にすご~く楽しい!

セミナーの中で、レベルが上がってきたら、
正確なリズム・・・メトロノームとぴったり合う
前ノリ・・・メトロノームが遅く感じる
後ノリ・・・メトロノームが早く感じる

こんな練習もしてみてください、と言われてましたが、
アンサンブルの時の、この駆け引きこそが、音楽のグルーブ感を出していきます。

この域には、そう簡単には行けませんが、
このセミナーの内容をコツコツ継続して行く事で、
確実に到達できるはずです。

音楽を本当に楽しむためには、少々めんどうな事は、どうということはないですよね!
このセミナーは、継続して受けなくてはいけないものではなく、
そういう毎日の練習方法をお伝えする内容です。

ぜひ、多くの方が、少しでもより音楽を楽しむために、
このセミナーの内容を知ってもらいたいし、また、広めてもらいたいですね! mk

※同じ内容で、3月2日(日)10時から 音の広場「カプリース」にて行います。
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード