音の泉ワクワク vol.53 2012.6.25 笹岡和泉さん

久保田  今日は、理事の白木亮一さんをお迎えしました。
       白木さん、こんにちは。

白木   こんにちは、白木です。

久保田  今日は、北村さんはどうしたんですか?理事長は?

白木   はい。理事長はですね、今日午後2時から「本山JAZZ 2012
      素敵な午後のひととき」という事で、本山町のプラチナセンターの
      方で、演奏で出張に行っております。

久保田  演奏家として、この時間本山町にいらっしゃる訳ですね。
       そうか、「音のいずみワクワク」よりも演奏が大切だと!
       いないから言うんですけど。(笑)

白木   (笑) 頼りないピンチヒッターで・・・来ました。

久保田  いや、とんでもないです!もう白木さんは、この「音のいずみ
       ワクワク」でも、丁度理事に就任されるタイミングの時に、
       お越しいただいたんですよね。

白木   はい。
      
久保田  えーっ、自分がそんな理事なんて!と仰ってましたが、
       それからもう、数ヶ月経ちましたね。いかがですか?

白木   いやぁ、まだまだ初心者マークが取れません!
      勉強中です・・・。

久保田  でも、お忙しいんでしょうねぇ、やっぱり?

白木   みなさんそうなんですけど、仕事と活動の掛け持ちなので、
      頑張りながら。仕事も手抜けませんし、やってるという感じですね。

久保田  ですよね。もう、体が二つ欲しいぐらいのもんでしょうねぇ。

白木   はい。(笑)

久保田  まぁ、それにしても「NPO法人 高知音の文化振興会」で、
       いつもは理事長の北村さんがまぁ!時間いっぱい喋って
       いただいてますんで、今日の白木さんの喋り次第では、
       「あ、やっぱり音の文化振興会の皆さんはよく喋るんだ」って
       なるか、それとも「真実さんだけ特別なんだ」ってなるか、
       それは今日のコーナーにかかってますので。

白木   わかりました。(笑)

久保田  喋りやすいタイミングで結構ですので、ご紹介ください。
       まずは、今週の話題からご紹介いただけますか。

白木   はい。先週になりますけど「音の文化カフェ」というのを、
      「音の文化振興会」でやりまして。これは何かと言うと、
      大きな活動の中で、演奏者さんと聴き手とかを繋げて
      いくという、大事な活動があるんですけど。その中で今、
      高知の聖パウロ教会っていう場所をお借りして、青果の
      堀田さんの隣になるんですけど、そこで開きました。
      堀内佳さんにゲストで来ていただいて、ちょっと私が途中
      からの参加で、ほとんど裏方だったんですけど、四万十の
      方からの浜田裕介さんとか、アコーディオンの坂野志麻
      さんとか来ていただいて、入場無料で満員で、全員で30
      人~40人ぐらい聴いていただきました。堀内佳さんの本が
      出ましたので、それも記念してという感じで、演奏していた
      だいてという事で。「音の文化カフェ」というタイトルですので、
      飲んだり食べたりしながら音楽を聴くという、非常に雰囲気
      の良い感じで。 
      
久保田  場所は教会ですよね?

白木   そうなんですよ。

久保田  飲んだり食べたりは・・・

白木   小ホールみたいな感じの所で、司祭さんも文化振興を理解
      していただいてる方で。例えば、お寺でライブをやるとか、
      何かちょっとオシャレな感じがするんですけど、教会でライブ
      って言ったら、「え、キリスト教信仰するようになったの?」とか
      言われたりもあるんですけど、そういう事一切なくて、音楽の
      好きな方にすごく協力していただいて、大成功でした。実は
      次回、7/26(木)に19時からになるんですけど、「本と音楽の   
      幸せな関係」というタイトルで、図書館が合併するとかいう
      話もあったりする中で、ライブラリーのすごく貴重なものが
      あったりするという事なので、それの大切さをトークライブなんか
      をしたりしながら、考えて行こうかなというのを考えております。

久保田  その他、何かありました?

白木   ライブ情報なんですけども、先程も申しまして堀内佳さんの
      「も~もの歌たね 出版記念コンサート」が7/1(日)13:30から
      県立美術館ホールであります。

久保田   そうですね。その話で、もう早く喋りたくてしょうがないと
        いう感じで。さっきも佳さんが出て、って言ったらもう喋りたそうな
        顔になってました。「にじいろ佳倶楽部」事務局長の笹岡和泉
        さん、実はスタジオに入ってくれています。こんにちは。

笹岡   どうも、こんにちは!よろしくお願いします。
 
久保田   佳さんのコーナーではね、こないだ出ていただきました。

笹岡   そうなんです。またかとお思いの方も、いらっしゃるかと思いますが、
      よろしくお願いします。

久保田   お願いします。近づいて来ましたねコンサート!

笹岡   そうなんです。ついに今週末に近づいてきましたので、
      また乗り込んで来ました。

久保田   改めて、ではご紹介ください!

笹岡   はい!先程本の出版の事も、白木さんの方からお話してただいたん
      ですが、「も~もの歌たね ~きっと明日はしあわせ色~ 出版
      記念コンサート」という事で、7/1に開催さしていただくんですけども。
      今日はですね、佳さんがいないので、(笑) 当日は佳さんのコンサートと
      合せて、トークコーナーという事で本が出来るまでに4年ぐらいかかって
      いるんですけど。その経緯などもお話を間に、私「にじいろ佳倶楽部」の
      笹岡と出版社「南の風社」の細迫さん、そして佳さんっていう事で、お話
      をさしていただこうかなと思っているんですけども。
       
久保田   あの笹岡さん、「も~もの歌たね」は本も売れてますし、またこの番組
        でもご紹介させていただきましたので、ご存知の方もいらっしゃると
        思いますが。改めて「も~もの歌たね」どういう本、またどうして
        そういうネーミングになったのか、そこからお話いただけますか?
      
笹岡   はい。それこそ、堀内佳さんの悪性リンパ腫、発症されたのが丁度
      4年前2008年ですかね、頃だったんですが、その時もう本当に、
      当初はもう命がどうなるか、っていうぐらいの危機的な状況だったので、
      やはり佳さんはずっと歌を通して伝えてきた事とか、なかなか歌で伝える
      っていう事とか、HP上に佳さんが、ネット上に何かメッセージを書いたりと
      いう事はあったんですが、手に持って50年100年先もずっと、子どもたち
      が受け継いで読むような本っていうものがない、っていう事をずっと感じて
      いたので。何とか本という形で、佳さんが今まで想いをかけてきた事が表現
      できないかという事で、佳さんの方に相談したんですが、その当時はですね、
      まだ悪性リンパ腫の抗がん剤の治療とかもありまして、指先がしびれて
      いたり、声もなかなかうまく出せなかったり、体力的にも辛い状況でしたので、
      出版社の細迫さんと私の方で、今まで佳さんが書き溜めてきた文章であったり
      何か表現しているものであったり、っていうのを沢山集めてですね、土台の
      部分をこういう形で作っていったらどうかっていうものを、準備する時間が
      ありまして。その先に佳さんが、自分の想いの部分を入れて、形にして
      仕上げてきたっていう経緯があったんですけども。本を出すまではですね、
      やはり幼い頃からの、佳さんが自分が生まれてからの生い立ちであったり、
      ご両親の想いであったりっていう部分から、学生時代のいろいろと悪さを
      されていた(笑)やんちゃな時代の話もですね、赤裸々に本に語っている
      もので、これを出してみるまでは、世間の方がどう受け止めてくださるん
      だろうという、すごく不安もあったんですけども。そういう時代があって、
      いろんな経験をして、出会う人たちの中にも厳しい意見を行ってくれる人
      もいたり、理解してくれる人もいたりっていう中で、今の佳さんが出来上がって
      きてるんだよっていうのが、割と本を読んでの感想を聞いてると、すごく
      佳さんが伝えたかった事を、まっすぐ受け止めてくださって、良い評価を
      いただいたりですね、佳さんがそうやって、いろんな経緯があって今がある
      っていう事で、勇気をもらったりとか、涙が止まりませんでしたとか仰って
      くださる方がいたりとかですね。あともう一つは、障害の子どもさんを持ってる
      親御さんだったり、学校の先生が読んで、自分がこうい風に接したら良い
      んだなっていう事が分かったとか。そういう風にも言ってくださったりして、
      まずはホッとしているところなんですけど。

久保田   「も~もの歌たね」の本が出来るきっかけとなったのが、
「にじいろ佳倶楽部」であり、その中心が事務局長の笹岡さん
だと思うんですが、この「にじいろ佳倶楽部」の活動自体は
何年前からやられてるんですか?

笹岡    そうですね、それこそ5年、6年ぐらい経ってるかも
       知れないですね。「音の文化振興会」理事長の、北村真実 
       さんとですね、私がつるむととんでもなく、「あ、こんな事 
       やれたらいいねぇ」って言ったら、実現してしまうっていう
       恐ろしいペアでして。(笑)

久保田   2人共、行動力・実行力ありそうですからねぇ!

笹岡   それで、「いいね、これやろうか!」とか「高知県内で10ヶ所
      ツアーやっちゃおうか!」「いいね!」って言ったら、
      もうやっちゃったとかですね。(笑)そういう事で、結局応援
      活動というか裏方的な、コンサート企画したりとか、CDまで
      作っちゃったり、本まで作っちゃったりとかですね。(笑)
      なぜかそういう、勢いが止まらない活動があってですね。
      本っていうのも、少しそういうとこから話が出て・・・というとこ
      なんですけど。久保田さん聞いてください、最初はですねぇ、
      佳さんいないから言いますけど、「佳さん、本作ったらどう
      でしょうねぇ」って話したら、「そんな、本なんか作っても
      どうせ売れんし、なんで歌手なのに本なんか作っても…」
      ってブツブツブツブツですねぇ。(笑)

久保田   (笑) それはやっぱり言うもんじゃないですか?良いなあと
        思っても、やっぱり頭の中でいろんな事ね、考えたでしょうし。

笹岡   すごーく後ろ向きだったんですよ。(笑)それでもう、出版社の
      細迫さんと私も作戦を練ってですね。どうしたら佳さんが
      乗り気になるか!(笑)っていうところで、いろいろ考えたりとか
      しながら。でもやっていくうちに、佳さんも何かこう自分が伝える
      ものっていうのも確信を、本を作る作業をする事で、整理が
      出来ていったりとかですね。やはり本が出た後の、皆さん
      買ってくださった、読んでくださった方の反応を聞いてですね、
      すごくこう、CD・音楽で伝えるっていう事とまた違う感動が
      あったっていう風に、今ではもう、自分が作った本だ~!って
      (笑)自信を持って言ってくださってるようで、本当に良かった
      んですけど。やっぱりそこまで「堀内佳」って名前が付く本って
      いうものに仕上げていくのに、時間をかけていったっていう
      ところで4年。まさか私も、そこまでかかると思ってなかったん
      ですけど。本当に1年ぐらい前から、待っててくださった方
      たくさんいてですね、本当に良かったなって思ってるんです
      けど。今回のこのコンサートでも、いつもとは違うコンサート
      という事で、本のストーリーとリンクさせたような、曲の流れ
      であったり、ちらっとこの間佳さんが「ひらめいた!」って
      言ってましたけど、本の朗読シーンですよね。そういうものも
      盛り込んだりっていう、楽しんでいただけるような内容に
      なっていると思います!

久保田   佳さんのいろいろな曲も、当日歌われると思いますが、
        「輝け虹色丸」ももちろん流れます?


笹岡    佳さんの事だから、その日気まぐれに曲が決められるので
       何ともこう言い難いんですけども。(笑)

久保田   そうかぁ、分からないか。(笑) とりあえず今、スタンバイを
        しているので、聴いてみたいと思うんですが、よろしいですか?
        
笹岡    はい!よろしくお願いします!

久保田   では、堀内佳さんで「輝け虹色丸」です!

~ 堀内佳さん 「輝け虹色丸」が流れる ~
     
久保田   この歌が7/1のコンサートで歌われるかどうかは、
        佳さんの気分次第という事でいいですか?(笑)

笹岡    はい!(笑)

久保田   では7/1のコンサートについて、改めてご紹介ください。

笹岡    はい。7/1(日)高知県立美術館ホール、開演が1時半から、
       終了が4時の予定になっております。チケット料金が、
       一般2000円、大学生までは1000円になっています。
       チケット取り扱いのプレイガイドですが、高新プレイガイド、
       県立美術館ミュージアムショップ、県民文化ホール、
       楽器堂、アルペジオ楽器などあります。また、にじいろ佳
       倶楽部の方にご連絡いただければ、当日チケットもお取り置き
       しておきます。お問い合わせ先、お伝えします。080-3924-
4712です。よろしくお願いします。

久保田   佳さんが、この「気分は上々」の火曜日の午後1時台に、
        「なんでもリポート」のコーナーを担当してくださっていて、
        その中でも1度話が出ましたよね。あの時にはまだ決まって
        なくて、本を自分が朗読しようかっていう事も、ちょっと案
        としてあるんですが、でも難しいんですよね、なんて話も
        佳さんあの時してました。佳さん、点字を指でなぞりながら
        音にするので、例えば私などの場合は、目が先に文字を
        追っていて、後から言葉が口から出るんですけど、佳さんの
        場合、なかなかそれができなくて難しいんだって、本人
        おっしゃってましたが。

笹岡    そうなんですよ。この日もそういう形で・・・この前ひらめきました
       から!当日には多分、(笑)そういう形で前後音楽と交えながら
       されると思います。そしてもちろん会場では、本の販売と、
       音声化の本のCDっていう話が出てますけど、完成がまだ
       なので、受付できるような状態にはしておきたいと思って
       いますので、よろしくお願いします。

久保田   何かあの時、佳さんもしらない趣向も、やろうかどうしようかな
        なんて事を、和泉さんおっしゃってましたが。

笹岡    そうですねー。あと一週間ですけど、(笑)皆さんに喜んで
       いただける形にしていきたいと思いますので、楽しみにして
       いただければと思います。

久保田   今のその表情は、考えてないでしょ?(笑)

笹岡    (笑) もう佳さんと同じで、どうも「にじいろ佳倶楽部」のメンバー
       も前日までにひらめきで。

久保田   ノリで?(笑)

笹岡    ノリで!(笑)

久保田   まあ本当、楽しいコンサートになるといいですよね。

笹岡    はい!

久保田   「も~もの歌たね 出版記念コンサート」は7/1(日)午後1時半
        から、高知県立美術館ホールで行われます。一般は2000円、
        大学生までは1000円。また、これまでの佳さんのコンサートとは   
        またちょっと違う、朗読とかいろいろな趣向などがあるという事です
        ので、楽しみになさってください。
        和泉さん、言い残した事ありますか?

笹岡    あっ、大丈夫でーす♪(笑)

久保田   スッキリとした顔してます。
        さあ、お待たせをいたしました!理事の白木亮一さん、紹介したい
        情報がまだ沢山あると思いますが。

白木    はい、詳しくはHP等で、ご覧いただきたいなと思います。
       以上でございます!


久保田   はい!そして7/1は、佳さんの出版記念コンサートもあります
       よね。どうぞこちらもお忘れないように、していただきたいと思います。

笹岡     はい!お待ちしております!!


~その他ライブ情報~
6/26(火) 20:00~22:00
スピカ、しゃちょかん
カクテルバー・シャトー  帯屋町1-8-6 第3ケントビル3F TEL 088-875-0560
偶数月、第4火曜日
ライブチャージ不要、 通常のご飲食でお楽しみください。

6/ 28(木) 18:30
World Music Night vol.9 ~世界の音楽と料理を楽しむ夕べ~
高知市文化プラザかるぽーと 3階ガレリア
全席自由 前売り2,000円 当日2,500円(フード・ドリンク別)

6/29 (金) 11:30
オープンハート・ランチコンサート
重度重複障がい支援施設オープンハート 高知市弥生町3-16地球33番地モニュメント南
088-882-1226
音楽をきいてお昼を一緒にたべましょう♪ 11:30〜ミニコンサート&ランチ(持ち込みOK)
参加費カンパ 昼食¥500でご予約可
6/29(金)ピアノデュオ ナトゥール
7/26(木)vo.gt浜田裕介
9/20(木)cb寺田和正 pf澤田真苗

6/30(土) 18:00
『ブレーメンの音楽会』 第13回ブレーメン・サクソフォン・アンサンブル定期演奏会
ホテルTAMAI  6階 金扇の間 (安芸市・国道55号線沿い) 高知県安芸市矢ノ丸1-6
http://www.hotel-tamai.net/
【入場料】 全席自由 1,500円  
【出演】 徳広淳也 仲田信子 筒井侑大 野川誠仁朗 吉村  航 橋本佳枝 平井辰樹 (サクソフォン)
高橋  冴 (コントラバス) 南  沙織 (ピアノ)

6/30(土) 18:30
第34回高知ファミリーコーラス定期演奏会
高知県立県民文化ホール(グリーン)
指揮:川田博志 ピアノ:宮原みか 森本みな子
プログラム ・「Ave Maria」(パレストリーナ) ・混声合唱のための『五つのトスティ歌曲』から ・『合唱で時代劇』から「銭形平次」「あゝ人生に涙あり」「子連れ狼」ほか ・混声合唱とピアノのための『いのちの木を植える』(谷川俊太郎 詩/木下牧子 曲)
(前売り当日共)一般1,000円/大学生以下500円
連絡先 090-5140-5250(黒石)

7/1(日) 14:00
高知コンサートグループミニコンサート
かるぽーと小ホール
クラシック ピアノ独奏、ソプラノ独唱 他
無料 ♪088-872-8280(森岡)

                               文字起し C.M
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード