自主企画セミナー 音と心を繋ぐ架け橋~本場で磨いたトークのいろは~ 報告

去る8/31(日)17:00より 音の広場カプリースにて行われた、
シンガーソングライター筒井啓文さんによるトークセミナー。

ステージは会話。音で会話できたら、1番いいのですが、MCもとても重要。
たくさんのことを伝えようとすると、印象が薄くなるから、
とにかく、一つでいいからしっかり伝えることが大切。

その伝え方を丁寧に説明。
起承転結の 「起」を常に忘れないようにすることや、
話の苦手な人は、バスガイド風に、まず、目的を話すことから・・・
と、話のコツを教わりました。

また、マイクにうまく乗る「前に出る声」は、
手を前に出したその先でしゃべるようにするといいと。

イメージって大事ですよね。

他にも、大阪で鍛えられただけあって、
「ボケと突っ込み」のお話も・・・

後半は、参加者からの質問に答える形で進行。
「話し上手は聞き上手」と強調する筒井さんの「聞く力」は、
本当にすごかった!

あれもこれも・・・と、欲張りしないで、
今日は、コレ!と決めて、話そうと思いました。

筒井啓文さんの今年最後のワンマンライブが、
9/17(土)19:00 桟橋のゼロさんであります。
(詳細はコンサートカレンダーをご覧ください。)

音楽とともに、おしゃべりも楽しんでください!

さて、終了後のミニ交流会は、
時がたつのを忘れて、会話が弾みました。

しかし、筒井さん、おしゃべりもすごいけど、食欲もすごかった!
エネルギッシュなわけが少しわかったような・・・ mk 

PS.9/14(水)から、椿ヶ丘公民館(瀬戸東町1-14)にて
月2回(第2・4水曜日)筒井さんによる童謡教室が開催されます。
1回500円で参加自由。お問い合わせは、080-1991‐9529(川渕)までどうぞ♪

2016年4月17日 梅原千世さんの「声の七不思議セミナー」報告


もうおなじみ「声の七不思議セミナー」。

毎回スタッフとして参加していますが、
大変な勉強家の梅原さんの講座は、
内容が凝縮しており、そのあふれんばかりの情報を
ひとつ残らずしっかりと聞きたいとおもいながら、
あっという間に2時間が終わる。

最初の30分ほどは、かなりハードな体操。
同じことを重複しながら、新しいことが入る。

最初の頃は、初めてのことばかりだったので、
え?何?の連続でしたが、
このシリーズも6回目になると、
ああ、これね!そうやった!と、少し余裕が・・・

そして、いつも必ず、「〇〇に気を付けて!」 と、
いくつかの特に気を付ける項目があるのですが、
そこは、絶対にぶれない。

その一つが、「首に気をつける」こと。
参加者全員が、
普段使わない筋肉を、「使った~!」と感じる講座。

筋肉だけではない、脳細胞も・・・!

「発声や腹式呼吸と肺活量増加に効果のある体操を30分ほどして、
加齢にも負けない発声力と顔・首の筋力をアップさせていくので、
健康や喉に不安のあるかたでも、声と体のためのトレーニングで
自信の持てる声作りや心身リフレッシュを目指せますよ。」と梅原さん。

一人小学校3年生も参加していた。

「若い人は、知能が発達するのよ~」

また、ご本人も歌のおかげで、
喉や体の不調も快復している・・・
とおっしゃるから、まあ、説得力がすごい!

「鎖骨も骨折したから、肩の筋肉も裂けるチーズ状になってて、
最初は動かなかったんですよ~」・・・と言いながら、
ぐるぐる肩を回します。
みなさん、ぜ~ぜ~・・・^^;

顔の筋肉もめちゃくちゃ動かします。
「これで、しわが取れました~」
なんと、うれしい情報!^^

発声練習して、最後は浜千鳥を。
とっても伸びやかな素敵な声でした!

終了後、皆さんが笑顔で帰って行かれるのが、ほんと嬉しいです。

今春は、もう1回、5/15(日)14:00から
同じく、比島町の音の広場「カプリース」にて行います。
1回だけの参加でも大丈夫で~す!    mk

2015年11月29日 梅原千世さんの「声の七不思議セミナー」 報告

2回目の「声の七不思議」セミナー、
改めて、音楽は体力いるな~と感じたセミナーでした。

最初の40分ほどは、みっちり体操。

「体と顔のたくさんの動きを取り入れたトレーニングなので、
この体操するだけで、舌癌、胃がん見つかった人が何人もいるんです。」

まあ!その方、良かったですね。
初期のみつかりにくい癌がみつかるそうです。

また、ダイエットやウエストが細くなる、
血流良くなり、リンパの流れも良くなる・・・と。

そのうえ、うつや認知症にもきく・・・
いい声が出るって、本当に心身にいいんですね~

梅原先生、「一つだけ鍛えるのはもったいない!」と、
いろんな体操を、2つ3つ同時に・・・。

忙し~しんどい~・・・けど、あら、声がでる!
最後には、「夕焼け小焼け」など童謡3曲を歌いました。


発声練習しなくても声が出るようになるとか・・・
日常の中に体操を取り入れていつでもいい声で健康になる方法。

皆さん、明るい顔で帰って行かれました。

このセミナー、リピーターも多いのです。
参加者から、またやってほしいという声が・・・
来年度は春、秋しましょうか、なんて話もしました。

ぜひ、多くの方に体験していただきたいですね。

イタリアで習った梅原さんの先生から、
日常生活から大げさに体を動かして、そうしたら、
体をたくさん使うから、鍛えられていい声が出ると。

健康だといい声が出る、いい声が出るということは健康、ということですね。  mk

声がよくなるセミナー「声の七不思議」その5‐1報告 2015.10.18.

音の広場「カプリース」にて
大好評、ソプラノ歌手・梅原千世さんによるセミナー。

「認知症やうつにも効くんですよ~」、
と様々な情報を交えつつテンポよく紹介された体操は、
20種類以上になるのでは・・・

横隔膜周りの筋肉をしっかり鍛えて内臓の血行をよくし
体調のアップに・・・また、
顔のトレーニングでは声の響きを良くするための
顔面筋肉や骨を鍛えて口腔と気管支を拡げるよう、
また誤飲誤嚥の防止にも効果あり、と

「声がよくなる」目的以外にも、
毎日やれば、脳も心身も健康になれますね!

そして、体操と発声をまぜながら、徐々に声を出していきます。
からだのしくみを細やかに説明しながら、
「声を出す」イメージを明確にしていきます。

喉に負担が来にくい唱法、など、
ある時にはペットボトルを、ある時にはコルクを使いながらトレーニング。

「声が無理なく出せる事はとても楽しい」と嬉しい感想がたくさん!

また、遠方から来られた方からは
「普段レッスンを受けるチャンスがなかなかないので楽しく練習できました」
とのことで、次回には、友人を誘って参加くださるとのこと。

本当に、声がしっかり出るというのは、気持ちのいいものです。

次回は11月29日(日)14:00~16:00
音の広場「カプリース」にて。参加費2,000円です。

また、講師の梅原千世さんは、
11/1(日)おんがくのもり、市民図書館の朝のライブラリーコンサートに
バックのフルート、ヴァイオリン、ピアノの演奏と共に出演します。(参加無料)
中庭で、どんなにかきれいに響くだろうな~と、楽しみです。 mk

自閉症スペクトラム子育て奮闘体験記&ミニコンサート  2015.1.12.(月)報告

梅原さんのグループ、フィオーリによるミニコンサートから始まった講演会。

香我美町や四万十市などから、28名の方々がお集まりくださりました。
梅原さんが語る12歳の息子さんの具体的なお話に、うなづきながらメモを取る方々。

頼るところなく、本を読んで勉強した中で、

スピード訓練の大切さ、 得意な分野を伸ばしてあげることで、知能がアップしていったこと、
パズルはいいということで、小学校上がるまでには、1,000ピースくらいはできるようになったこと。
音楽嫌いだったのに、「たしざんのうた」というCDで、数字も音楽も大好きになったこと。

その結果、

①自閉症(広汎性発達障がい)・・・知的な遅れがある。
②高機能障がい・・・知的障害はない
③アスペルガー症候群 言葉の遅れはないが対人・社会性に障害あり 

息子さんは、①から②に、②から③に変化していったとのこと。
今では、数学、社会の大好きな小学6年生に。
(最近では、1~3全部で、自閉症スペクトラム(連続体)というそうです。)

参考図書  
  エジソンアインシュタインスクールの鈴木昭平先生著
    「子供の脳にいいこと」
    「発達障害児が普通級に入れた!医師も認めた!ぶっちぎりですごい!!」
  ※公文式と合わせたら、非常に効果があったとのこと。


梅原さんは、息子さんを受け入れてもらえる塾をたくさん探し回って、
いい先生に巡り合えたこと、
また、保育士さんが独自のカリキュラムを作成し協力してくれたこと、
いい本やCDとの出会いを、涙ながらに感謝の気持ちを語られました。

20150112自閉症アスペルガー講演.JPG


「障害児は社会の宝物」
障害児がいると、周りが力を合わせて優しくなれる。
助けてあげる優しい気持ちを育てることができる。
周りに正しく理解して接してもらうことが、必要と、
沢田先生が新聞に書いていたそうです。

勉強よりも、社会生活の面が大切ではないか?
普通の生活ができるように・・・ と言われたりするけれど、
伸びるところを先に伸ばすことは大切なんだと。

また、高知の方で、絵でこの症状を解説している
小道さんという方の本の紹介もありました。

とにかく、親は大変。
周囲の暖かい支えが必要。

先生方をはじめ、皆様に正しい理解を、持っていただくために、
私でできることはしたいと思います。
また、お悩みをお持ちの方で、相談事がありましたら、いつでも、ご連絡ください・・・と。

本当に大変な思いをした梅原さんだからこそ、
同じように苦しむ人の力に少しでもなれれば、という気持ちが強いのですね。


参加者のアンケートから

これから我が子にどう向き合おうか、考えていく参考になりました。
できることから伸ばしていくことの重要性を認識。
どんな子供も親が必至になることで、
 可能性を伸ばすことができる。あきらめないことは大事。
自閉症の方の気持ちが少しでも理解できてよかったです。
 「障害児は宝」実感します。
理解してくれる誰かがいることで、
 それが自信につながって成長していけるんだと思いました。
あきらめず、挑戦し続ける梅原さんはすごい!
 私も両親に感謝しないと!と思いました。
なぜ、梅原千世さんの歌声に心うたれるのか、
 感じられたような気がしました。
 自分ももっともっと頑張らねばと、元気もらいました。


とても中身の濃い、講演内容でした。  mk


こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード