つのやまミュージックギャラリーvol.1 報告 2017.4/8,9

つのやまミュージックギャラリーが始まりました。

「つのやまミュージックギャラリー」とは、
津野町と梼原町において定期的に演奏会を開き、
音楽を身近に感じていただくことを目的に、今年の2月に誕生しました。

地元の方々が地元のために立ち上げた会です。
7年前にできた、「土佐市から始まるMUSIC STEP」のような実行委員会です。
オトブンも、演奏者のコーディネイト・後援などで参加しています。

初年度の試みとして年4回入場無料のコンサートを開催。

クラシック、ジャズ、ポップスと、新人からベテランまで、
真摯に音楽に取り組む演奏者を紹介します。

この企画に、42の企業の皆様方に協賛をいただき、
また、ご寄付も集まっています!
本当にありがとうございます。

豊かな自然と、“脱藩の道”という歴史を持つこの「つのやま」地区に、
音楽の爽やかな風が何かをもたらしてくれるかもしれません。

その第1回目は、
アンサンブルソノリテ室内楽コンサートでした。

アンサンブル・ソノリテは、
本格的な室内楽を高知に根付かせること、
また、若き才能を皆さまにご紹介することなどを活動の礎に、
豊嶋和史氏を音楽監督に、1990年から演奏活動を積み重ねているグループです。

室内楽の分野は、一人一人の力量にプラスして、
「合わす」作業がとても難しく、そして楽しい奥深いジャンル。

チェリスト山根風仁さん(現在東京芸大3年)に続き2年ぶりに、
高知の若きヴァイオリニスト野々村嘉怜さん(岡豊高校3年)を迎えての公演でした。

20170409_6ハイドンカルテット津野
20170408_7ゆすはらP4
20170409_2津野F4

このシリーズでの
4/8(日)ゆすはら座
4/9(土)葉山の蔵 に先立ち、
4/6(木)には高知県立美術館ホールでも演奏会を行いました。

出演は
音楽監督&チェロ 豊嶋和史
ヴァイオリン 野々村嘉怜 川村陽華
ヴィオラ 豊嶋博満
フルート 安藤千織
ピアノ 北村真実

演目は、
ハイドン / ピアノトリオCdur
バルトーク / 2台のヴァイオリンのための44の二重奏曲
ベートーヴェン / 弦楽三重奏曲第1番 変ホ長調 Op.3
ハイドン / 弦楽四重奏曲No.19ト長調Op.54-1
モーツァルト / フルート四重奏曲ニ長調k285
モーツァルト / ピアノ四重奏曲ト短調kv478  

決して有名な曲ではありませんが、名曲ばかりです。

アンケートには、
・一言で素晴らしかった。感動で胸が痛い何年ぶりのコンサートです。
・色々なジャンルの音楽を生で聞いてみたい。
・遠くまでは聞きに行くことができませんので、
どうか、これからも企画してください。
心が潤った2時間でした。穏やかな気持ちになりました。

など、嬉しい言葉をたくさんいただきました。

アンコールのバッハの「2本のヴァイオリンのための協奏曲ニ短調」には、
小中学生も参加。
室内楽の楽しみが将来に広がっていきます。

さて、2回目は・・・
「雨の季節でも、音のしずく、あら、いいんじゃない!?」
なんか、ワクワクしますね!

東京からジャズボーカル兼ピアニストの清水貴和子さん、
そして、地元梼原のベーシスト、大村太一郎さんによるジャズライブです。

大村さんは、高知市のご出身で、東京で長らくプロ活動されたのち、
2年前に梼原に移住。現在は、梼原を中心に、県内外で活動されいます。

6/10(土)14:00 津野町・葉山の蔵
6/11(日)14:00梼原町・ゆすはら座
(※6/9 赤岡とさを商店、6/11夜 音の広場カプリースにてライブ有、
詳細はコンサートカレンダーで)
入場料は無料で、おかまいなければ、カンパをお願いしています。

道事情も一昔前からすると、本当によくなりました。
町外の方も、ドライブがてら、おいでませんか?   mk

ツタヤおんがくのもり 2017.4.16.(日) .『ベース!ベース!インベイジョン!』大村太一郎さんによるコントラバスソロライブ 報告

10年ほど首都圏のライブハウスでの演奏や
全国各地でのライブツアーに参加。
CD制作などのスタジオワークでも活動し、
2年前から梼原町に移住し、
音楽活動と共に、
暮らしと地域をつなぐ地域活動に取り組まれている大村さん。

コントラバスだけなのに、メロディー・対旋律・ベース、と
一人三役を見事にこなしていました。

ツタおともり2小


フレーズを次々に重ねて録音・再生しながら、
独りでも多彩なパフォーマンスが可能な「ループ・ステーション」を駆使して、
即興演奏をメインに大村ワールドを展開。

都会では感じることのできないインスピレーションを受けて作曲したという、
オリジナル曲「竜王の滝」は、
梼原の豊かな自然をしっかりと感じさせる大作。

ジャズはもちろん、クラシックや童謡も織り交ぜ、
指でつま弾いて弾くピチカート奏法と、
弓を使う奏法を頻繁に変えながら、あっというまの40分!

大村さんは、

都会では得られない多くが高知にはある。
また、高知のミュージシャンはユニークなすばらしい人が多い。
高知でできる音楽の可能性を感じている。

と、話す。
地元ミュージシャンにとって、嬉しい言葉ですね!

お客様から、「至福の時を過ごすことができた。」という感想も・・・

ツタおともり1小

梼原を中心に、高知県内外で活動している大村さん。
実は音の文化振興会の理事もしてくださっています。

近くでは、ジャズボーカル&ピアニストの清水喜和子さんとデュオでのライブがあります。
6/9(土) 14:00 津野町葉山の蔵(つのやまミュージックギャラリーvol.2)
6/10(日)14:00 梼原町ゆすはら座(つのやまミュージックギャラリーvol.2)
      19:00 高知市音の広場カプリース

パワフルなお二人のコラボは、
聴く人を凄く元気にしてくださる演奏です!
ご都合つきましたらぜひご参加下さい!

さて、文教地区でのおんがくのもりは、
4/30(日)14時より、文学館前の藤並の森にて、
司馬遼太郎展に合わせての演奏会。

スタンドアローンなど、関連テレビドラマ主題歌や、
春の季節に合わせたものなどを、
ヴァイオリン川村陽華、ピアノ北村真実でお送りします。

お楽しみに!mk

おんがくのもり 第11弾  楽しい音楽教室 親子でドラムサークル 2017.3/25 報告

IMG_1588.jpg
「親子でドラムサークル」・・・なんて素敵な響き♡

今月発売になった「おとのしずくvol.4」のラストを素敵な即興演奏で飾ってくださってる、
七転八倒の東雲東風さんと田崎雨坊さん、そしてゲストの前田力丸さんで、

あらあら・・・子供の国「ワンダーランド」を創りあげてくださいました!

代表的な打楽器、叩き方でいろんな音がするアフリカの太鼓ジャンべのほかに、
たくさんの打楽器、手作り打楽器、カリンバやトーンチャイムのように音階の出るもの・・・

おんもり 20170325

ご参加の20名の皆さまが、一人一つずつどころか・・・
何種類もの楽器を手にして、90分ずっと奏でました。

最初は講師の3人が見本の即興演奏。
ここから、笑いが沸き起こります!

やってみましょう、なんて言葉はかけなくても、自然と講師演奏に参加するみなんさん!すてき!

何も決め事がなくても、好きなように叩くだけで、リズムってそろうんですね~

合図で、ストップしたり、スタートしたり、
大きくなったり小さくなったり・・・

始めて出会った人同士の即興演奏とは思えない!

ひとしきり太鼓を叩いた後は、鈴類に持ち代える。
は~、この響きのギャップって心地いい~

いつまでも鈴類が鳴り響く・・・
指揮の東風さん、「みんな、飽きないの???このままずっと振ってる???」

確かに、ずっと同じ響きなんだけど、なんか、心地いいんですよね。
自由に音をだしてるからかな・・・

それから、席替えして楽器を変えたり、
ドラムサークルの中に入って指揮する人、講師の3人に加えて、
参加者の松村凜士郎くん(12歳)もやってくれました!見事でした!

いろんなカタチの「音の会話」を楽しみました。

最後は、トーンチャイムを一人一つずつもって、
同時に鳴らすだけでも、ワンダーランド!なのですが、
一人ずつ、音のバトンタッチを。

不思議な、きれいなメロディーが笑顔と共にたくさん生まれました。

心から音楽を楽しんでいることが、子供の満面の笑みから伺えます。

自由に好き放題音を出して、それが音楽になる・・・

これぞ、「ミュージック・ワンダーランド」!!

世界中のすべての幼稚園児に、体験させてあげたいと感じました。mk

音の文化カフェ vol.60 2017年 3/23(木)~チャリティカフェ~ 報告

311のあとずっと続けているチャリティカフェ。

あれから6年、人々の関心は薄まっているように感じますが、
発信すれば、届く人の所へはしっかりと届く。

「チャリティカフェ」

聴こえはいいけれど、無償ボラのお誘いになるので、
強引には頼めない・・・

しかし、演奏者が続々と来てくださる・・・

ロサーナ(ボーカル+ピアノ)
ピアノ池田寅彦さん
岡林立哉さん(馬頭琴・ホーミー)
グレイグース(アイルランド伝統音楽)
ギター細木良さん
アコーディオン坂野志麻さん

と、オトブン関係者に加えて、
新聞(こみゅっと)で知ったと、
趣味でピアノを弾かれる野村さんも2曲ほど演奏してくださりました。

21時過ぎには、
初参加のお客様西本さんが、「環境音楽」のような、
エレクトリックミュージックをタブレットで作成して鳴らしてくれた音楽に、
ミュージシャンが、いろんな音を重ねて、和やかな空間を創り出していました。

和声に縛られない自由で素敵な音の会話・・・

皆さま、とても贅沢ないい時間をありがとうございました。


衣類、楽器などのバザー売上 6,000円、カンパ 2,711
合計 8,711円を、復興支援 熊本県社会福祉協議会へ送ります。

また、東北支援としては、亀七タオル12枚売れて、
あと就労支援グッズの分と合わすと、6200円。

わずかな金額ではありますが、
継続は力なり、来年も3月にやりますので、
皆さま、ぜひ、いらしてくださいね!
卒業式シーズンはやめます!反省です><   mk

土佐市から始まるMUSIC STEP vol.42 と 43の 報告

vol.42 筒井啓文 ワンマンLIVE 2017.1.19 報告

~帰る場所がここにあるから 現在(いま)を本気で活きられるんだSP~
とサブタイトルにあるように、

3年大阪で活動したのち、故郷高知に戻り、現在は高知を中心に、
精力的に演奏活動している筒井啓文さん。

筒井さんの形容詞、
「喋って良し!唄って良し!あとはあなたが瞳を閉じるだけ」の意味が、
「外見よりも中身」ということらしく・・・

いえいえ、外見もとっても素敵な筒井さん。
柔らかな包み込まれるような歌声はもちろん、喋りは、天下一品!
会場を始終和やかな雰囲気に・・・

いつも筒井さんの周りには強力な応援団が!
高知の新しいミュージックシーンを開拓していってくださる人物、
これからのご活躍が楽しみな若手シンガーです。

将来の夢は紅白出場とのこと、皆さん、応援よろしくお願いしま~す!

近くのライブは・・・筒井啓文企画LIVE ♪
~三十路手前にやってまえ!!非現実days wonder SP~
4/2(日)18:30
■ShaLaLa◇2,500(3,000)要1D
はんやるはるやと筒井啓文の29歳バースデーLIVE!
bokuragen@gmail.com


vol.43 野々村嘉怜 ヴァイオリンリサイタル 2017.3.17 報告

菜の花の咲き誇る川辺、会場にいつも飾られるスタンド花には桜が・・・

春爛漫のこの日、
ヴァイオリニストの野々村嘉怜さんは爽やかなブルーのシャツで
また、ピアニストの渡辺由香さんは柔らかなパープルのドレスで登場。

バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ、無伴奏パルティータ、
パガニーニの24のカプリース、
リムスキー=コルサコフの熊蜂の飛行など高い技巧が要求される曲から、

タイスの瞑想曲、
ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女、
フォーレの夢のあとに、など、ゆったりの美しい曲を織り交ぜながら、

17歳の瑞々しさ溢れる美しいヴァイオリンの音色が
ベーカリーショップイワゴーに響き渡りました。

改めて、イワゴーの音響の良さに感謝しました。

質問コーナーでは、
「クラシック以外に好きな音楽は?」に対して、
「プレスリーです。」と、意外な回答にびっくりしたり…

満員のお客様と、野々村さんの将来を楽しみに想う気持ちで繋がった素敵な一夜となりました。

野々村嘉怜さんをフューチャーした室内楽の楽しいコンサートが、
4/6(木)19:00美術館ホール
4/8(土)14:00梼原町ゆすはら座
4/9(日)14:00津野町葉山の蔵

と、3か所で行われます。
また、ソロとは違う楽しみをお届けします。
(詳細はコンサートカレンダーをご覧ください)

最後に、年度末の恒例になりました、
この1年の出演者6組のサイン色紙プレゼント。
7枚の色紙が、数多くイワゴーに足を運んでくださったお客様のもとへ。

いつかきっと、この色紙、価値が上がりますよ~!ぜひ、家宝に^^

さて次回、29年度最初は、5月18日、
全国で活躍する地元土佐市在住のシンガーソングライター矢野絢子さんと、
ゲストにアコーディオンの坂野志麻さん!
ベテラン奏者の豪華ステージです。お楽しみに! mk
こうち音の文化振興会とは?
「演奏家」と「依頼者」をつなぐ機関です。 2009年5月、活動開始しました。 詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

こうち音の文化振興会

Author:こうち音の文化振興会
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード